modo 401のモデリング, パート II

modo 401のプロファイルモデリングを紹介します。
押し出しや引き延ばしなどでの高度な操作で1Dと2Dのプロ
ファイルを使用することができます。モデリングにおいて、家の
手すりや飾り縁のモデリングのような形状を数多くのプロファイル
から選択して簡単に作成することが可能です。
また、後で再利用したいラインやカーブから独自のプロファイルを
作成することもできます。新しいインスタンスリプリケータは、
おなじみのツールとの組み合わせが可能で、簡単にあなたのシーンに
することができます。modo 401では、あるモデルから他のモデルに
モーフなどの頂点情報をトランスファーすることもできます。
たとえば、既にあるキャラクターの表情(驚いた顔や眉の上げなど)
を他のメッシュに再利用するような使い方も可能です。

Peacock by Sha Ali and Soviet Hat by Jason Bickerstaff
The props and base mesh of the monster for this video were modeled and UV’d in modo. (Courtesy of The Embassy VFX, Vancouver Canada)
 

Modeling Part II

modo 401 partially revealed. Click on a video below to play.

まもなく新アップグレードがリリースされる予定です。

現在、Luxology社は、新しく改良を加えたツールや401にて追加した機能をプレビューいたします。今後の401リリースまでの進行状況につきましては、RSS配信(英語)に登録されるか、お時間がある時にこのページにアクセスしてください。

今、modo 302をご購入いただくと、リリース後にmodo 401を無償でダウンロード頂けます。

今後の401リリースまでの進行状況につきましては、RSS(英語)にて配信される予定です。

Luxologyのニュースレターを購読して、modoの最新情報を入手しましょう。

Soviet Hat by Jason Bickerstaff
Modeling Part IPresets Part I
modo is a registered trademark of Luxology LLC., in the USA and/or other countries.
All products or brand names mentioned are trademarks or registered trademarks of their respective holders.